誕生日に思うこと

先日は、息子くんの誕生日でした。


どんなケーキがいいのかな〜と思い、何を作って欲しい?と聞くと、「クッキーがいい!」

ク、クッキー?クッキーでいいの?と確認すると、「うん、お母さんのサクサククッキー、大好きだから!」と力強く言われてしまったので、そこまで言われるとこれは作るしかないな…と思い、でも誕生日にクッキーだけは寂しい気がして、イチゴの生クリームケーキも作ることにしました。


c0365893_08014856.jpg

クッキーの材料を混ぜ合わせて固まりにし、冷蔵庫で寝かせる時間は普通は一時間程度が多いと思いますが、私は3時間は寝かせています。
その方が型抜き途中でベタつくこともなく、サクッとした食感に出来上がる事が多いので。


c0365893_08074948.jpg

型抜きクッキーを作る時は、必ずジンジャーブレッドマンの形を作りたくなってしまう…
クリスマスの時期でなくても、可愛くてキュンとしてしまうのです。


息子くんが学校から帰ってきて、「クッキー焼けたの?すごくいい匂い!先に一枚食べていい?
あれ⁈ケーキも焼いてくれてるの⁈やった〜♪」とびっくりしてくれました(*^^*)

週末に関西の祖母宅に行った時に、アイスケーキを買ってもらってハッピーバースデーを歌ってお祝いしてもらったので、もうケーキは終わりだと思ってたみたい(^^)
びっくり作戦が成功して、思わずニンマリする私。


c0365893_08341348.jpg

息子くんが、今年から始めて今夢中になっているバスケットボールをモチーフに、ユニフォームとボールを作り飾ってみました。
息子くんは冷蔵庫を開けて飲み物などを取り出すたびに、「見ちゃだめ、見ちゃだめ…」と見ないようにしてくれてました(≧∇≦)

ご飯が食べ終わり、いよいよケーキの登場♪
「これ、バスケだね!!」と嬉しそう。
でも、やっぱりさっき冷蔵庫開けた時に、見えちゃっていたみたいだけど(^^)
息子くんのニコニコ顔をみてると、自然に私も笑えてきてしまいます。

c0365893_08400086.jpg

ケーキを食べながら、息子くんが生まれた日のことを、パパと一緒に思い出話。
朝から陣痛があったのに、なかなか分娩室へ行く許可が下りず、その日は出産ラッシュだったみたいで順番待ちさせられてたのかもね〜とか、あまりに待たされて、苦しくて付き添ってくれているパパのTシャツを引きちぎりそうだったとか(^^;;

そんなすごく大変だった話を、ゲラゲラ笑って大ウケして聞いてる息子くん。
「ホント大変だったんだからね〜!」と笑う私。

あの時の私は、未来の私達家族がこんなふうにこの話で笑い合ってるとは、全然想像できてなかったなぁ…

産まれてきてくれた息子に、すごく嬉しくて感謝する感動の気持ちと同時に、これから一生この子お母さんをしていくんだとの責任感が一度に押し寄せたあの時。

これから始まる新しい生活に、期待よりも責任感からくる怖さを感じてしまったあの時。

…大丈夫だよ、あなたの息子は、元気で素直で周りの人を大切に思ってくれる優しい子に育つよと、あの時の自分に声をかけてあげたいな…と思いました。


息子くん、あなたが生まれてきてくれてから、今まで気づけなかったたくさんの幸せを、お母さんはもらっています。
生まれてきてくれて、本当に本当にありがとう
c0365893_09115345.jpg

[PR]
by palmarosa5 | 2015-05-21 17:35 | 家族生活
<< 朝のデトックスタイムになってる... 蒸さず焼かずのトロッと生プリン... >>