病室の窓から 〜留まらず歩き続ける〜

お盆前からブログのお休みをさせていただきましたが、母の手術も無事成功し、一先ず安心する事ができましたので、ブログもまた少しずつ再開できたらと思っています。

お休みするにあたって、色々ご心配をおかけして、温かい励ましのお言葉をいただきまして、本当に本当にありがとうございました。
皆さんの優しい気持ちがギュッと胸に染み渡って、すごく励まされ心強かったです。


c0365893_07595426.jpg

母の病院の最上階の窓からの眺め。
遠くにお台場が見えます。
母の病室からは、正面に東京スカイツリーが見えて、夜景がすごく綺麗です。

お見舞いに来た母の友達も、ホテルからの夜景みたいだね!とはしゃいでいたとか(^^;;
母も、手術前はこの夜景を見て、ずいぶん不安を紛らわす事ができたと言っていました。


c0365893_08053482.jpg

談話室からの眺め。すぐ真下は、築地市場です。

c0365893_08104546.jpg

病院近くの、東銀座にある歌舞伎座です。
新しくなり綺麗になりましたね。
平日なのに、足を止めて写真を撮る観光客が大勢いました。


帰りは歩いて銀座を通って有楽町駅へ。
独身の頃や子供ができる前まではよく訪れたこの場所も、数年でどんどん移り変わって行くのだなぁ…。
月日が経つ早さを感じながら、母の病気の不安を振り払うように、急ぎ足で歩き続けました。
都会の喧騒に紛れていると、その瞬間だけは不安な気持ちから離れることができる気がしました。

人も物も、いつまでも同じ場所には留まれないんだ…
そんな当たり前の事を、噛み締めながら、歩き続けていました。





[PR]
by palmarosa5 | 2015-08-20 07:34
<< 初めての別行動の旅 しばらくの間。 >>