学級閉鎖になってしまいました…。

今年のインフルエンザは、遅れてやってきた分、一気に流行が広まりました。
息子の小学校でのママ友とも、今年はインフルエンザにかかった話を聞かないねぇと、つい最近までのんびり会話していたのに、
あっという間に次々とクラスが学級閉鎖になっていき、驚きました。
軽く済んだとはいえ、息子くんもその後すぐにインフルエンザになりましたし…(>_<)


そして昨日は、とうとう息子くんのクラスも学級閉鎖になってしまいました。


学級閉鎖になってしまうと、留守番させる事になってしまいます…。
急遽3人分のお弁当作り。

c0365893_20522821.jpg


もう、一人で留守番できる年齢になったとはいえ、まだまだ不安になってしまう私。

仕事が忙しい今の時期、残業を頼まれる事が多いのですが、昨日はお願いして定時の2時にあがれるようにしてもらいました。
本当に申し訳ないです…と職場のリーダーに頭を下げると、
「いえいえ、そんな大変な時に仕事に来てもらい、こちらこそありがたいです。」
とのお言葉をかけていただく。
同僚も、「本当に大変だね。早く帰ってあげてね。」と、心配してくれました。

本当にこの職場は温かくて、私は周りの人に恵まれているなと、改めて感謝、感謝。


お昼に、息子に様子見の電話をかけると、第一声が「お母さ~ん♪ お弁当おいしかったよ~」と、息子くんの能天気な声(笑)
息子くんの声がスマホから漏れ出たらしく、側にいた同僚が「まだまだ男の子は可愛いね~」と笑っていました。


一人で留守番させると、どうしてもダラダラしがちなのは目に見えているので、午前中だけはスケジュールをたてようねと、紙に書かせてきました。

すっかりお休み気分だった息子くんは、「えー!午前中ずっと勉強するの?」と不満そうでしたが、
今日はお休みじゃないんだよ?体調が悪くて学校に来られない子が多いから、自宅待機して下さいという事なの。
他のクラスは、午前中も午後もしっかり勉強しているんだよ。
だから、午前中は宿題と復習をやっておこうね。
と、話すとなんとか納得してくれてました。


c0365893_21040577.jpg

かなりザックリした予定表ですが(^^;;
一応、自分で決めた予定通りに勉強していた様子。
予定通りできて、頑張ったね!と言うと嬉しそうにしていました。


私が仕事を終えて家に帰宅すると、「お母さん、だ〜い好きだよ〜」と出迎えてくれた息子くん。
今回の長い時間のお留守番、やはり少し寂しいという気持ちがあったみたい。

早くインフルエンザの流行が落ち着いて、みんなが学校に来られるようになるといいね、と話すと、「うん、早くみんなでドッチボールしたい…」と言う息子くん。


一日でも早く、その願いが叶いますように。
みんな早く元気になりますように。





[PR]
by palmarosa5 | 2016-02-13 22:27 | 家族生活
<< 春の便り 元気になりました >>