カテゴリ:子育て( 9 )

ピラティスのおかげ?

今日、自分の健康診断に行ってきました。

受けたのは、身長体重計測、血圧、血液検査、尿検査の基本項目の検査。

結果は、この病院では一時間ほどで出るので、診察時に医師に確認すると、どれも異常無しとの事。一先ず安心しました。


そして今回、ちょっと嬉しかったことがあって…(*^^*)


メタボ検診のための腹囲を計った時に、去年より約5センチウエストが細くなっていたのです♪


最近、イベント続きで食べ過ぎな事が多かったのですが、まさかウエストの数値がマイナスになっているとは思わずビックリ。
でも、実は体重は去年より増えてるのですが…(^^;;

先生にそれを伺うと、「運動されているなら、筋肉量が増えた事で体重が増える事はありますよ。」との事。

もしそうなら、間違いなくピラティスのおかげ(*^^*)

でも確かに、脇腹のお肉はだんだん無くなってきているなぁと思っていたのですが、まだまだお腹の前面はプヨプヨしていて息子くんにもよくつままれているので、まさかそんなにマイナスになっているとは思わず、嬉しくて一人でニヤニヤしてしまったのでした(笑)


食べる事が大好きな私。
何もしないと、あっという間にたくさんの贅肉が(^^;;
忙しくて週一回がやっとの運動でも、全然やらないのとでは長いスパンでみると違いが出てくるらしいです。

中高年の時の運動量が多いと、将来認知症にもなりにくいらしいし。
これからもできるだけ、運動する時間を取っていきたいな〜と改めて思いました。


c0365893_23125087.jpeg

健康診断があったので朝食を食べていなかったから、終了後に気になっていたお店のモーニングへ♪

神戸屋キッチンのモーニング(*^^*)
すごいボリューミーで美味しそう♡
お値段もリーズナブル♡
少し足をのばして来てみてよかった♪


うーん…。たぶん、これからも食事制限ダイエットは無理そうだなぁ(笑)





[PR]
by palmarosa5 | 2016-03-17 23:26 | 子育て

フライングタイガーでの出来事。

昨日は用事があり、名古屋栄まで行ってきました。
途中、あ!ここ新しいお店に変わってる〜と見てみたら、都内でも人気雑貨店の『フライングタイガー コペンハーゲン』でした。

c0365893_22235380.jpg

実家に帰省した時にでも行ってみよう〜と思っていたお店だったので、いつの間に名古屋にできたのかな?よし!用事の帰りに寄ろう♪と、楽しみに用事を済ませました。

名古屋のフライングタイガーは、7月にオープンしていたのだそうです。
子供が夏休み中は、栄に来る事がなかったので、全然知らなかったー(^^;;


用事を済ませた後、店内に入りましたが、ものすごい人、人、人。
オープンから2ヶ月過ぎても、まだこんなに並んでいるんだ〜とビックリ。
でも、それも納得がいく位、商品が可愛い!そしてお安い!
北欧の雰囲気がすごく良い素敵なファブリックがあったり、ブラックユーモアが効いて思わず笑っちゃう文房具があったり。
もう、見ているだけで楽しかった〜♪♪

c0365893_06165368.jpg
(今回の戦利品〜♪ 残り少ない商品は、文字通り争奪戦でした(^^;; )



あまりの混雑ぶりに、レジの行列が店内の壁際に沿って、大きく半周以上するぐらい並んでいました。
じっくり見たかったけど、そうしたらレジを終えて店を出るまで、きっとものすごく時間がかかるだろうな…と、店内をザッと見て私もすぐレジの行列に並びました。

しばらくすると私のすぐ前の女性のところに、赤ちゃんを前抱きに抱っこした女性がやってきて、一緒に並び始めました。

私は、「あ〜この前に並んでた女性のお友達なのかな…列の横入りされちゃったけど、赤ちゃん連れだし、ものすごく混んでる店内で最初から並ばせるのは可愛いそうだし、しょうがないか…」と、あまり気にせず、周りの商品棚を眺めながらそのまま列に並んでいました。

すると、突然その割り込みしてきた女性が大きな声で、「いいじゃん、別に図太くて!」と言っているので、何だろう?と、そちらを向くと、その女性がこちらを一瞬チラッと見て、「こんな時は図太くなきゃ、やってられないでしょ!あなたも店内もっと見て来なさいよ!」と、また連れの女性に大声で言っていました。

それを聞いて、さっきまで、小さい子連れのお母さんは大変だよねぇと、むしろ何か困っていそうだったら助けてあげよう位の気持ちでいたのですが、そんな気持ちは跡形もなく吹っ飛んでしまいました (ー ー;)


自分が故意でやってしまったバツが悪い事を、大声で開き直ることで無理矢理正当化させようとするその神経…
すごく精神的に幼い人なんだな、と思ってしまいました。


その後、その赤ちゃん連れの女性は、混雑しているお店で赤ちゃんがぐずりだすと、だんだんカッとしてきたのか、また大きな声で、「さっきから大きな声出して!何なのよ、もう〜!」
いや、さっきから大声で喋ってウルサイのはあなたですから!(ー ー;)

この女性は、これから自分の子供の躾けに、ルールを破ってズルをすることはいけない事だと、胸を張って教える事ができるのでしょうか…。


私も子供が小さい頃は、親が近くに住んでいなかったので、夜はずっと夜泣きで慢性睡眠不足の中、日中はほぼたった1人の子育てでしたので、息抜きしたい気持ちはよ〜〜く分かります。

でも、だからと言ってこんな混雑している店舗に乳児を連れまわすような事は、絶対したくないと思っていたな…。


子育てに関しては、様々な考え方や意見があるとは思いますが、私は、子供を親の所有物のように考える人が大嫌いです。
昨日も、6歳の子供に万引きをさせ、それを転売して逮捕された親の記事が載っていましたが、そんな記事を読むと、虫唾が走ります。本当にカスだと心底思います。


純粋で綺麗な子供の心を、踏み躙って変えてしまうような大人がいなくなる世界にするには、どうしたらいいのでしょうね。
昨日の出来事は、そんな事まで考えさせられてしまいました。





[PR]
by palmarosa5 | 2015-09-16 22:19 | 子育て

新学期早々…

また、今月母が入院する事になるとの連絡が、父から有り。

多分また入院する事になるだろうとは聞いていたのですが、やはりどうしても落ち着く事ができない感情が、次から次へと湧いてきてしまい…。

母本人からも、「私は大丈夫だから、そんなに心配し過ぎないで」と元気そうに明るく言われているのですが……私を心配させまいと、気丈に振る舞っている事が、よく分かっているだけに、胸が痛むのです…。



そんな中、新学期の前日に、息子くんが学校に提出する通知表の表紙が無い!と言い出して。
机や棚を移動して裏側に落ちてないか探したり、ソファーなども全部動かしてみて、家中探し回ったのですが、全然無いのですemoticon-0107-sweating.gif


私の手元には、息子くんの通知表成績評価の部分の紙をファイリングしてある物がおいてあったので、表紙の部分は息子くんに先生に渡してねと、印鑑を押してすぐ渡したよね?と聞いても、あまり記憶がないと言う息子くん。


息子くんは、忘れ物や大事な物を無くしたりなどはほとんどしない方なので、私も息子くんに確実に渡したという記憶があるけれど、記憶が混乱しているのかも…と思い、お互い探し疲れてクタクタになり、もう明日から学校だから寝なさいと寝かせたのでした。

そして翌日の始業式の日に、連絡帳に通知表の表紙と言う大変大事な物を紛失してしまった事と再発行のお願いを書き、息子くんに持たせました。

息子くんは、「きっと、先生、むちゃくちゃ怒るんだろうなぁ…あー学校行きたくない〜」と、言いながら、それでもションボリしつつ学校に向かって行ったのでした。

「ぼく、クラスで一番忘れ物した事がないんだよ!」と、日頃得意そうにしていたので、今回とんでもない物を無くしてしまったことが、相当ダメージが大きかったようです…emoticon-0106-crying.gif


学校から帰ってきた息子くんに、どうだった?と話を聞くと、「先生、連絡帳を読んで、分かりましたと言っていただけで、全然怒られなかった!多分、僕がいつも忘れ物してないからだと思う〜」と、また得意そうにしているので、でもキミは今回とんでもない物を無くしてしまったんだよ?そんな自慢なんてする資格ないと思うよ?と、諭していると、電話が鳴り…担任の先生からでした。


「通知表、こちらにありますよ。」

(°_°) え??

「一学期は台風の影響で、一日早く終業式を行って通知表も一日早く渡したので、息子くんはすぐ翌日に通知表提出してくれたので、印鑑を押していただいた通知表が、こちらにあるのでご安心ください。」

お、お騒がせしました〜と電話をそっーと置くと、息子くんのニンマリした顔…!

「ね、ぼく、忘れてなかったでしょ?」

いやいや、提出した事忘れてたでしょ〜(^^;;
それに、もっと早く思い出してほしかった〜!
家中ひっくり返して探し回る前に!

どっと疲れが出てきた気がしました…´д` ;


その後、地域の登校班の保護者の顔合わせの会も、体調がイマイチなのもあり、すっかり忘れてしまい…(ー ー;)
ママ友に後から詳細を聞いたりして、特に連絡事項も無くすぐ解散したとの事だったのでよかったのですが…

ほんと新学期早々、私何やってるんだか…(ー ー;)



新鮮なフルーツのスムージーでも飲んで、しっかり脳を働かせなきゃ(^^;;

c0365893_00154029.jpg

頂き物の長野県産の桃、すごく大きくて甘い桃でした。
そのまま頂くのもとってもおいしかったのですが、バナナと豆乳でスムージーにしたら、すごく贅沢な感じでまた美味しかったです(*^^*)


色々と心配事があっても、常に冷静に行動できるようにしなきゃ…。
日頃、私が息子くんによく言い聞かせている言葉を、そのまま自分に言い聞かせたのでした…´д` ;



[PR]
by palmarosa5 | 2015-09-05 23:18 | 子育て

夏のお出掛け 〜お友達と一緒に映画館へ〜

今年の夏休みも、もう残りわずか。
最後に、仲の良いお友達親子と一緒に、映画館へ行こうという話になりました♪

お友達と息子くんの趣味はよく合うみたいで、観に行きたい映画も、「ミニオンズ!」と、二人声を合わせてバッチリ合ってました(^^)

少し離れたイオンモールの映画館へ、お友達ママが車を出して連れて行ってくれました♪
「もう子供達だけで観れるんじゃない?映画館の席まで連れて行ってあげて、帰りは出口で待っていればいいよね?」と、お友達ママ。
「うん、大丈夫!大丈夫!」と大はしゃぎな二人。

こうして、今回初めて子供達だけで映画鑑賞デビューした息子くんなのでした。
映画館って、係りの人にことわれば、中に入って席まで子供を誘導しても大丈夫なんですね!
知らなかったな〜。


子供達が映画を観ている間は、ママ達の自由時間(*^^*)
子供達の服を見に行ったり、フランフランで雑貨をみたり、大好きなカルディをゆっーくり見てまわれました♪
ここのイオンモールのカルディはけっこう大きくて、色々な商品があって、しかもセール中!\(^o^)/

c0365893_10464395.jpg

相変わらずのマサマンカレー(笑)
3個まとめてセールしていたので、迷わず3個購入(^^)
お友達ママが「え?何?知らない!おいしいの?」と言うので、世界で一番おいしいカレーらしいよ〜と言うと、彼女も迷わず3個まとめ買いしていました(笑)

c0365893_10515989.jpg

お友達ママ愛用の、ゲランドの塩。
私もずっと気になってたのですが、お値段が高いなーと今まで手を出した事がなかったのですが、やはり他店よりお安いよ!と聞いて、思わず買い物カゴに入れちゃいました(^^)
今のソルト容器のお塩が無くなって、使う時が楽しみ〜♪

楽しい時間はあっと言う間に過ぎ、映画館お迎えの時間に。
子供達の感想は、「楽しかったけど、あまり笑えなかった」
え〜?そうなの?すごく面白そうだったのに?
と聞くと、「うん、すごく面白かったんだけど、最後は感動する感じだったから、あまり笑えなかった」との事です(^^)
今回のミニオンズは、感動ものらしいですよ〜
もしこれから観られる方はご参考まで。


朝から出かけてずっと一緒にいたにも関わらず、まだまだ一緒にいて遊びたい二人。
イオンモールから帰ってきてから、我が家で遊ぶことに。

c0365893_11075571.jpg

手先が器用なお友達と一緒に、レゴ遊び。
二人とも上手に作品を作って遊んでいます。
もう、この年頃になると、お家遊び イコール ゲーム遊びになる子が多い中、レゴで指先を使って和やかに遊んでいる姿を見ると、こちらまで和みます(*^^*)

お互いに「おまえは俺の親友だからな!」と、言い合っている姿をみていると、男の子同士の友情って、熱くていいな〜と思ったりします(^^)
男の子は、本当面白いですね〜(*^^*)


これから先、大人になっていく時に、今の少年時代のキラキラした純粋な気持ちを、どこか胸の片隅に持ち続けていてほしいな…
そう思いながら、遊び続ける二人を眺めていました。




[PR]
by palmarosa5 | 2015-08-28 10:20 | 子育て

初めての別行動の旅

お盆前に私の母の入院が急遽決まり、今年の夏休みの旅行は私だけ行くことができなくなった事を息子くんに話をした時、初めこそ「えー!!」と不満そうでしたが、おばあちゃんが入院して手術することになって今大変だから、と話すと分かってくれたのか、その後はアッサリとして何も不満そうな事は言ってこなくなりました。

もう大きくなったし、母親が一緒について来なくても全然大丈夫になったんだなぁと、昔の「ママも一緒に!」と駄々をこねていた頃を懐かしく思いながら、楽になったけどちょっと寂しいような、これも成長の証なんだよねと思っていました。


息子くん達が出発する前夜、リュックに着替えなどの用意をさせていた時に、何やら悩み出した息子くん。
どうしたの?と聞くと、「ジョージを持って行こうか迷ってる…」と一言。

ジョージとは…
私の父が、息子くんが2歳の頃に買ってくれた、サルのぬいぐるみ。
息子くんが小さい頃から大好きだった、「おさるのジョージ」のジョージとして、出掛ける時も寝る時も一緒だったコなのです。

c0365893_00014256.jpg


でも、最近は全然一緒に寝ることもなくなって、ジョージロケット!とボールのように投げられたり、ジョージパラシュート!と手作りの落下傘をつけられて投げられたり、手荒な遊びの時だけ登場していたので、私はもうそろそろジョージも卒業なんだな…と思っていたのでした。


まだジョージ持って行きたいの?と聞くと、「うん、でも旅行の泊まったホテルで無くしちゃったらすごく困るし…あー!どうしよう」とすごく真剣に悩む姿に、まだまだかわいいところもあるんだな〜と思い少しニンマリする私。
「心配だから今回は、カメちゃんにする!」と、東京スカイツリーに行った時の水族館で買ったカメのぬいぐるみを持って行く事にした様でした。

ジョージの代わりに、誰か他のコを持って行かなきゃダメなんだ?と聞くと、「うん…やっぱり持って行くと安心すると思うんだ…」


最近、私も一緒に旅行したりする時には、もうジョージは持って行かない事が多かったので、今回身代わりのぬいぐるみを持って行きたがるという事は、やっぱり初めての別行動の旅行が、息子くんなりに不安を感じる所があったんだ…と思いあたり、大丈夫だよ!きっと旅行楽しいよ!と励ましました。



そして数日後、私が母の東京の病院から帰宅すると、先に旅行から帰ってきた息子くんが玄関先で待っていてくれて、ドアを開けるなり、「待ってたよ〜!大好きー!」と、胸に飛び込んできてギュッと抱きしめてくれました(^^)


もう、そろそろ恥ずかしくなってこんな事はしてくれないだろうなと思っていたので、嬉しさよりビックリしてしまった私(笑)
ウワッ!と驚いて声をあげてしまいました(^^;;
そして、ギュッと抱きしめあった後、息子くんの楽しそうなお土産話に、疲れて重たくなっていた私の心が、軽くなっていくのを感じました。


ありがとう…どんなにいつもキミに元気をもらって、救われていることか。
これから先、成長していく過程で大変な時期もあるかもしれない。
でも、今この瞬間のようなかけがえのない思い出が、その時の救いになってくれるんだろうな…。

そんな事を思いながら、さらにギュッとしている側を、パパが「まだ数日しか経ってないのに、えらいおおげさな熱烈やな〜」と笑っていました(笑)
本当にそうだね(笑)でも、いいんだもーんと、みんなでずっと笑いあっていました。





[PR]
by palmarosa5 | 2015-08-25 20:22 | 子育て

夏のお出掛け〜名古屋市科学館とソロピッツァ ナポレターナ〜

昨日は、仲良しのお友達親子と一緒に、名古屋市科学館へお出掛けしました。

名古屋市科学館のプラネタリウムは、世界最大内径35mのプラネタリウムドームで、ギネス世界記録に認定されていて、本当に見応えがあります♪

しかも、入場料は中学生以下は無料!
大人も800円と、とても良心的なのです♪
他の展示室も充実していて一日かけて遊べます(^^)

c0365893_20374985.jpg



今回の目的は、その科学館とランチに行こうと思っていた大須の有名ピザ屋さん。

ソロピッツァ ナポレターナ

c0365893_20274298.jpg

このお店のピザ職人の方が、2010年のナポリピッツァ世界選手権ピッツァナポレターナS.T.G.部門(大会メイン部門)優勝された事があるそうで、その時の「世界一のピザ」のメニューが食べられるお店らしいのです!


プラネタリウムの終了時間が遅めだったので、2時位からのお昼になってしまった事もあり、息子くん達は待ち切れずソワソワ〜(^^;;

お店の人が、鮮やかな手つきでピザ生地を作るのが見えるガラスの所に、ピターと貼り付く二人。

お腹が空き過ぎてガン見しちゃう気持ちは分かるけど、そんな貼り付いてヨダレ垂らしそうになって見てたら、お店の人も作りにくいよ〜(^^;;

c0365893_20485764.jpg

さすが本場で認められただけあって、生地は外はパリッと中はフワッとしているけど、噛んでいくとすごくモチモチしてる!美味しい♪

全部で5枚も注文したピザは、みんなでほとんどペロリと食べちゃいました♡


息子くん達は、二人とも宇宙や恐竜の事を調べたりするのが好きなタイプなので、科学館でまだまだ遊びたい!とお願いされ、また再び一駅分歩いて科学館へ戻りました(^^;;

子供達もママ達も、歩き回り過ぎて、帰りの電車では足が痛くて大変だったけど、すごくすごく楽しかったね♪

また一緒にお出掛けしようね〜(^o^)/




[PR]
by palmarosa5 | 2015-07-29 20:03 | 子育て

今日は終業式…いよいよ長〜い夏休みが!

本日は、息子くんの終業式。
一学期、ほとんど体調を崩すこともなく、元気に楽しそうに学校へ通ってくれました。

台風の影響で、荒れた天気の中の終業式だったようですが、クラスみんな揃って元気に夏休みに入ることができたようです。

さぁ、終業式といえば通知表。
担任の先生は、「息子くんは、授業の内容はよく理解できているのですが、字の汚さとケアレスミスが多いのが惜しいところなんですよね〜。」と、家庭訪問の時に仰っていて、自宅でも気をつけさせていたのですが、ちょっと私が油断して声掛けしていないと、すぐまた字が汚くなり、ケアレスミスが多くなり…(ー ー;)

男の子は、そんなものだよ〜!高学年になれば、落ち着いてくるよ〜と、先輩ママさんに慰められたりしていたのですが…。
通知表は、そういうところがシビアに評価される訳で(^^;;

帰宅のインターホンのところで、「ただいま…
」と、いつになくしょんぼりした声の息子くん。
これは…相当ヤバイのかもと覚悟し、そっと通知表を見てみると、思っていたより、普通でした、、ホッ(^^;;

ただ、音楽の項目で、(音楽表現の創意工夫)の欄に△がついており。初めて△がついてしまった事に、かなり動揺してしまっているようでした。
う〜ん、でも音楽表現の創意工夫って…何をどう頑張ればいいのか、ちょっとアドバイスに困るなぁ(^^;;

息子くんに、「授業をきちんと理解をして、落ち着いてテストを受けることで、良い点数が取れるようになってくれたら、もちろん嬉しいよ。
でもね、一番大切な事は、できなかった部分をしっかり把握して、解るようにしていく事なんだよ。
そのための、テストや通知表なの。
お母さんは、この通知表で一番嬉しかった事は、成績よりも、「責任感が強く、係や当番の仕事を、言われなくても確実にやり遂げていました」と先生がコメントしてくれている事かなぁ」と伝えると、ようやくホッとした表情でニッコリしました。

「お母さんに、すごく怒られるかもと思ってた…」そ、そうか、それを一番気にしていたのね(^^;;
これから始まる夏休み、お母さんと一緒に弱点克服できるように、少しずつ頑張ろう!


c0365893_08091746.jpg

台風で買い物に行けなかったから、おうちにある物ご飯。
いつもと変わりばえしないメニューだけど、息子くんの大好きな白和えを、た〜くさん作ったから、モリモリ食べて、二学期に向けて頑張って行こうね^_^

[PR]
by palmarosa5 | 2015-07-17 22:38 | 子育て

灼熱の運動会でした

土曜日は、息子くんの運動会。
天気予報では当日は曇りになると言っていたので、よかった〜熱中症の心配は少し減るかな〜と思っていたら、カンカン照りのものすごく良いお天気に。

c0365893_00443196.jpg

息子くんは、家を出る前に「暑いしイヤだな〜運動会」なんて弱音をはいていたので、今まで何の為に一生懸命練習頑張ってきたの!今日で最後なんだよ!本番頑張れ!と、あえて突き放して励まして送り出しました。

運動会がイヤだと言ったことは今までなかったので、少し心配になりながらも、会場に着きました。
いや〜、名古屋は、朝から本当に暑い!陽射しが刺さるように痛く感じる位です。

それなのに、子供達の席は全く日陰がないので、学校側も保護者が生徒の席に行く事は、熱中症対策のためなら禁止していませんと、事前に連絡が来ていた位です。

確かにこの灼熱の暑さでは、弱音をはきたくなるなぁと思っちゃいました(^^;;


水筒のお茶を入れ替えに行ったり、濡れタオルを差し入れに行ったりしながら、息子くんの様子をみていましたが、もう吹っ切れたようでどの競技もやる気になっている様子でした。


徒競走が始まり、結果は2位。
「今年は2位だった〜」と、ちょっと残念だけど嬉しいような複雑な表情の息子くん(^^)
確かに去年は一位を取れていたので、悔しさもあるんだろうな。

でも、一位は学年の中でも早いと有名なお子さん。きっと、勝てそうもないと思ってやめてしまいたい気持ちに、精一杯闘って自分の力を出してみたんだろうなぁと、息子の成長を感じる事ができました。


たぶん、朝の運動会イヤだ発言は、名古屋の凄い暑さだけではなく、自分の両親にライバルに負けてしまう姿をみせたくなかったのもあったのでしょう。

でも、その事を今まで一度も言い訳にせず、黙って運動会に向かい正々堂々と闘ったんだね。

これからもっと、自分一人で考えて解決しなければならないことが、いっぱい出てくると思う。
その時に、君が考えた事を自信を持って行動できるようなアドバイスをできる母でありたいと思ってるよ。

いつもはついつい口うるさく注意してしまいがちなのですが、息子の成長を感じそういうことを考える事ができた日でした。

[PR]
by palmarosa5 | 2015-05-31 00:39 | 子育て

何よりの褒め言葉だよ

先日、息子の授業参観があり、パパも会社を半休できたので一緒に学校へ観に行きました。

新学年になって、毎日新しい発見やお友達との出会いを楽しんでいる様子ですが、まだ少し新しいクラスと先生に緊張感を持っている様子の息子くん。

パパが授業参観に来られるとは思っていなかったようで、とても嬉しそうに何回も後を振り返ってしまっていました💦
そして、彼には珍しく最初から、自信を持ってピンッと伸ばして手を挙げていましたemoticon-0116-evilgrin.gif
嬉しかったんだね

厳しいと評判の先生でしたが、充実した授業内容で、子供達も真剣に授業に取り組めていました。
息子に対しても、絵が上手だねとか、算数の才能があるねなど、少しでも良い点を見つけて褒めてくださってヤル気を引き出してもらっているので、ただ厳しく上から押さえつけるタイプの先生ではないんだなと分かって、安心して信頼できそうな感じを持ちました。


さて、授業参観後に帰宅した我が家で。
なぜかふざけあっているうちに、パパとママの間で息子くんが「ボヨーン」とヒップアタックされながら、ボールのように打ち返されるという、しょーもない遊びで皆でゲラゲラ笑っていると。

息子くんがシミジミと「ぼく、こんなあったかいパパとママの家族に生まれて来れて、本当に良かったよ。」
「ぼくが大人になったら、パパとママみたいな家族をつくりたい。ていうか、それがぼくの大きな目標。」

…思わず目の奥が熱くなり、涙腺が緩みそうでした。
息子を思い切りギュッと抱きしめて、ありがとうと伝えました。
私にとって何よりの褒め言葉でした…

私は幼い頃から、自分の子供には、この家庭に生まれて来れて良かったと実感してもらえるような家庭を築きたいと思っていました。
それは私自身の一番大切な長年の夢でした。

その夢は、もう叶っているんだな…と、いや、叶えさせてもらっているんだと胸の奥がジーンとしびれました。

息子くん、パパとママの元に生まれてきてくれて、本当に本当にありがとう。
これからも、この家族で楽しい思い出いっぱい作っていこうね。

[PR]
by palmarosa5 | 2015-04-28 09:03 | 子育て