タグ:薬理効果 ( 7 ) タグの人気記事

日増しに春めくこの季節のアレ。

春先の暖かさにしては、暖か過ぎるのではないかという位の気温が続いてますね。
三寒四温とはいえ、ここまで気温が上がる日が続くのは珍しい気がします。

こんなに暖かい日が続いていると、心配なアレ。
そう、花粉です(>_<)

もう、かなり飛散していて、悩まされている方も多いでしょうね。

我が家も全員花粉症で、毎年悩まされてきましたが、アロマテラピーを取り入れてからは、症状が軽減されてきたように思います。

精油でバスソルトを作り、入浴中に吸入と皮膚からの浸透によって成分を心身に取り込める沐浴法や、部屋でディフューザーを使って芳香浴、うがいなどをしたりするだけで、咳やくしゃみ鼻水などの呼吸器の不調がかなり良くなったと感じています。

本当は、リビングと寝室以外にもディフューザーを置きたいのですが、わざわざ電気代使って置くまでもないかなぁと思ってしまうのが、玄関。

ずっといる場所ではないのですが、帰宅した時や、他の部屋へ行く時に通り過ぎた際に、フワッとアロマの香りがすると幸せな気分になるので、ぜひ置きたくて(*^^*)


そこで…

c0365893_09091373.jpeg

保冷剤を活用しています(*^^*)
保冷剤って、消臭効果があるのですよね。
たまに、この保冷剤は解凍したら、消臭剤として使えますと印字されている保冷剤を見たことがあります。
この保冷剤に、消臭効果や殺菌効果、抗真菌効果がある精油を入れて、よーく混ぜます。


以前にもブログに載せました、
・ティーツリー
・ペパーミント
・ユーカリ
・ローレル
これらをいくつか組み合わせています。

この他に、最近のお気に入りの「リツエアクベバ」を、ペパーミントやティーツリーなどに組み合わせる事が多いです(^^)

この保冷剤に精油を入れると、かなり香りが長持ちするのですよ〜♪
物足りなくなったら、また好きな精油を2、3滴。
香りがすぐ復活します。


自分や家族では匂いがしないと思っている玄関も、お客様が訪ねて来た時は、気にならないかな?と心配になったりするので、消臭効果が高い精油の香りがしていると、安心でもあるし(^^;;

精油の自然な香りは、家を訪ねて下さるほとんどの方が、すごくいい香り!何を使っているの?と、褒めて下さいます。


人間の身体に優しい抗菌・殺菌作用だけでなく、花粉症や感染症予防になる免疫機能活性化作用を持つ精油で作る、天然の芳香剤♪

これからも、家族の健康のためにずっとお世話になると思います(*^^*)






[PR]
by palmarosa5 | 2016-03-07 15:35 | 家族生活

元気になりました

先週の金曜日の朝、再び38度を超える熱が出てしまった息子くん。
その前日までは、ほとんど平熱まで下がり、元気になって「退屈だ~」と騒ぐのをやっと寝かせていたのに。

もう学校に行けそうと思っていたところへ、また熱がぶり返した事に心配になり、朝一で病院に向かいました。

病院の先生の診断は...今度はインフルエンザでした。
それも、熱が上がり下がりするB型だったようです。

前回診察した時の検査では、結果は陰性で、翌日に38度以上の熱が出たら再受診して下さいとの事だったので、
翌日に微熱まで下がった息子くんは、快方に向かっていると思っていたのですが...まさかB型だったとは∑(゚Д゚)


先生は、「ここまで来たら、もう自然治癒でも治る可能性が高いけど、体力がないと熱も長引いて本人も辛いから、薬を飲みましょう」
との事でしたので、家に帰ってからすぐに飲ませました。

すると、治りかけという事もあってか、午後にはすっかり平熱に!!

朝のあのグッタリした様子がウソのよう。
私も、息子くんの元気を取り戻した様子に、やっと一安心できたのでした。


それでも、またいつ具合が悪くなるかも分からないからと、ずっと布団に寝かせ様子をみていました。
そのまま熱が上がることはなく無事に元気に過ごす事ができ、病院の許可が下りたので、今日からやっと学校へ登校できたのでした(*^^*)



今回、本当に久しぶりに、インフルエンザになってしまった息子くん。

手洗いうがいも声掛けてさせていたし、ずっと何年もインフルエンザになってなかったのに、今年は何かいつもと違ったことはあったかな〜と振り返ってみると…

ありました(^^;;


そう、今年は、インフルエンザの流行が遅れていたので油断していて、一月の仕事の忙しさで慌しくしていた事もあり、あまり感染症予防のアロマ対策をしていなかったのです…(>_<)


c0365893_17350657.jpeg


お風呂に入れるバスソルトは良く作り、今年も私は風邪のひき始めの喉の痛みをティーツリーで治すことができたりしていたのですが、
最近の息子くんは、「潜る練習をしたいから、僕が入った後にお風呂にアロマ入れて。」
と、アロマテラピーの芳香浴をしていなかった事もあり…。

部屋の中での芳香浴や、精油のうがいもさせていませんでした…(-。-;


やっぱりこの時期は、アロマテラピーの力を借りて、少しでも感染症予防できるように気をつけよう!と、改めて思いました。


息子の学校でも、今日新たに学級閉鎖になったクラスがあり、まだまだインフルエンザが猛威を振るいそうです。


皆様も体調の変化に気をつけて、インフルエンザ対策をして元気にお過ごし下さいませ^_^



[PR]
by palmarosa5 | 2016-02-08 17:52 | アロマ

季節の変わり目の体調不良に。

一昨日、朝から息子くんが「喉が痛い〜」と言っていて。
熱を測ると、珍しく37度ちょっとの微熱が。
聞くと、クラスでも何人か喉の風邪でお休みしていたとの事。
最近、朝晩かなり冷えてきて、風も強くて乾燥している天気が続いているものね。

熱があるので学校はお休みさせたのですが、まだ微熱程度だったので、とりあえず市販薬を飲ませ、病院に行くかどうか少し様子を見る事に。
でも、喉の痛みがあると、大体熱が高くなってきちゃうんだよね〜と心配していたのです。

そこで、前回喉の痛みがあった時に、効果があったアロマテラピーの精油うがい液。

アロマテラピーの鎮咳や去痰作用効果のある精油として、
・ユーカリ ラディアタ
ペパーミント
・ティートリー
などがよく使われます。
今回の風邪の喉の痛みも、うがい液を作ってあげるから、うがいしようよ!と、息子くんに言ったのですが、「今はその味が嫌だから、やりたくない!」と言われてしまい…う〜ん、困ったどうしようと思っていると(・_・;)


そうだ!これこれ!


c0365893_22384002.jpeg

♪♪マヌカハニー♪♪

先日、生活の木のお店で、お買い得になっていて、店員さんから勧められて買ってみたのでした。
最近、インフルエンザの時期などには売り切れてしまう位人気があるんだとか。


喉の風邪や炎症に、すごく効きますよ!と言われていたので、早速息子くんに直接ひとさじ舐めてもらい、その後また、レモン果汁を入れてお湯割にしてホットレモネードにして飲ませてみました。


すると、翌日には咳も治まり、喉の痛みもあまり気にならない位、良くなったみたいなのです(*^^*)
いつも喉がやられると、咳も長引くし痛みもなかなか引かないのに…。
アロマテラピーの蒸気浴はしていましたが、アロマうがい液の力を借りずに、こんなに早く効果が出た事にビックリ。

熱もすっかり下がっていたので、翌日には登校できました(^^)


どうして、このマヌカハニーはこんなに効果があるんだろう?普通の蜂蜜と何が違うの?と不思議に思って、ちょっと調べてみました。


すると、マヌカというのはニュージーランドに自生しているフトモモ科の低木で、ティーツリーの花だという事が分かり、その抗菌活性化作用に激しく納得。
そうか、そうだったんだ!!

日頃から、アロマテラピーの精油でも、ティーツリーにはお世話になりっぱなしの私。
一番使える精油の一つである事は、間違いないくらいです。
それ位、信頼をおいているティーツリーの蜂蜜なら、様々な効果があるのも十分納得できます。
これから、我が家の欠かせない一品になりそうです(*^^*)



※追記: アロマテラピーで使われるティーツリーだと思っていたのですが、どうやらニュージーランドに自生する同じフトモモ科の疑似種だそうで、アロマテラピーのティーツリーとは違うそうです。
ただ、アロマの精油のティーツリーと同じように、現地の人の間では、煎じ薬やお茶として利用されてきていたそうです。





[PR]
by palmarosa5 | 2015-10-08 22:32 | アロマ

Rainbow DRIVE_INのパンケーキと、梅雨時のアロマでエアフレッシュ♪

シトシト雨が降ったり止んだりと、梅雨本番の天気が続く今日この頃。

週末は、せめて爽やかな南国気分だけでも味わいたいと思い、ディフューザーで芳香浴をして、朝からリフレッシュします。

・ジャスミンAbs. 1滴
・グレープフルーツ 2滴
・ペパーミント 1滴

ジャスミンは、ハワイ名でピカケと呼ばれます。ピカケと言うとハワイ独特の花と思われがちですが、ジャスミンの事だったんですね〜。
レイの花材としても、代表的な花ですね。

ジャスミンは、華やかで濃厚なので、リビングなど広い場所でも一滴で十分だと思います。
後は、梅雨時のカビなどの殺菌・消毒・抗真菌効果を狙い、ペパーミントとグレープフルーツを合わせます。

より抗菌効果を高めたい時は、グレープフルーツよりレモンを合わせた方が良いと思いますが、私は南国気分を味わいたい時は、シトラスの楽園という意味の学名を持つ、グレープフルーツを合わせることが好きです。



朝食は、ハワイのレインボードライブインのパンケーキ粉で作り、タヒチ産ストレートパイナップルジュースと一緒に。

c0365893_08320152.jpg

c0365893_13322096.jpg

ハワイで食べるパンケーキ、どうしてあんなに美味しいのでしょうね(*^^*)

このパンケーキ粉のレインボードライブインには行ったことはないのですが、大好きなブーツインキモズのお店の、フワフワなパンケーキ生地を思い出させてくれる、美味しいパンケーキを焼く事ができました♪



c0365893_13391580.jpg

我が家のお気に入りのカレンダーに、レインボードライブインが(^^)


c0365893_13404167.jpg

同じくカレンダーの、大好きなラニカイビーチ♪
あ〜〜今すぐこのビーチに飛んで行きたい〜(笑)


[PR]
by palmarosa5 | 2015-07-06 00:15 | アロマ

天気が悪くなると頭痛になる方へのアロマテラピー

先週は、まだ5月なのに台風がやってくるなど、天候が不安定な日が多いですね。

台風などの低気圧で天気が悪くなると、頭痛が起こるという方も少なくないと思います。
私も、疲れが溜まってる時に天気が悪い日は、そうなることが多いです。

どうして低気圧によって頭痛が起こるかというと、気圧が低くなることによって脳血管が拡張し膨張することによって、その周りの神経が刺激され炎症が起きるためと考えられているそうです。
よく言われている「偏頭痛」が起こるメカニズムも、この症状と同じようなものだそうです。

つまり、偏頭痛と低気圧による頭痛の対処法は一緒と考えられますね。


頭痛には、偏頭痛のように脳血管が拡張してしまうことで痛む場合と、逆に脳血管が収縮する事で痛む場合があり、それぞれ対処法も全く違ってきます。
また、頭痛に効くとされるアロマテラピーで使われる精油も、全く違ってきます。

[偏頭痛の時に効果がみられる精油]

・ローズマリー
・タイム
・フランキンセンス

一般的に頭痛に効果があるといわれるラベンダーやマージョラムは、余計に血管を拡張し血圧降下させるため、偏頭痛の場合は効果が感じられないという方が多いのはこのためだと思われます。


私は、なるべく鎮痛薬を使う量を減らしたいので、薬を飲んでもまだ痛みが取りきれない時は、フランキンセンスのトリートメントオイルを作り、マッサージをします。

こめかみに少量つけた後、耳たぶをまわし、またオイルをてにとり首の両側を上から下にさすり、鎖骨を人差し指と中指で挟み外側に向かって順番に指擦ります。
頭痛が激しくて、頭に触れたくない方は、鎖骨のマッサージだけでも行ってみて下さいね。

一人の方でも多く、頭痛を軽減できるお手伝いになれば嬉しいです(*^^*)

[PR]
by palmarosa5 | 2015-05-18 20:00 | アロマ

アロマテラピーを化学する

私がアロマテラピーに興味を持ったきっかけは、歩き回ってすごく疲れていた時に、あるお店に入った時のとてもいい香りに一気に脳が覚醒されたような感覚を持ったからです072.gif
そこのお店の人にその香りのことを聞くと、精油と言って天然の植物からのみ作られているアロマテラピーで使用されるものだと教えてくれました。

アロマテラピーという言葉は知っていましたが、詳しい事は何も知らなかった私は、アロマテラピーっていい香りでただ癒されるだけではないのかも?もっと奥深いところで作用する効果があるのかも?と、すごく知りたくなりました018.gif

香水や柔軟剤など、人工的な香りではこの様な事になったことはなかったので、まずアロマテラピー関連の本を読んでみました。
すると、アロマテラピーはかつてはヨーロッパでさえ、理論ではなく実体験の積み重ねで発達してきたため非科学的だとみなされていた時期があったそうなのですが、現代では研究者達によって、消毒作用、抗ウィルス作用、殺菌作用などの病原体への効果や、鎮静作用、免疫系作用など科学的な証明が次々とされていることが分かり、アロマテラピーってなんだかすごく面白そう!!とそこですっかり私の好奇心のツボにはまってしまったのでした016.gif

アロマテラピーの精油の効果を、化学的に知って役立ててみたい!
それが私がアロマテラピーにハマっていくきっかけなのでした053.gif

[PR]
by palmarosa5 | 2015-04-11 11:49 | アロマ

パルマローザの精油

私の大好きな精油の一つ、それがパルマローザです016.gif

一番大好きなのは、水蒸気蒸留法でダマスクローズから抽出した、精油の中の精油「ローズオットー」なのですが。
ただ、ローズオットーはお値段がすごく高いことでも有名…008.gif
そうそう気軽に手を出せるものではありませんっ025.gif

そこで、このパルマローザをアロマテラピー教室で紹介された時に、かつてはこのローズ精油の香りの代用品として使われていた事もあるという話を耳にして、がぜん興味を持ちました001.gif

ただ、実際の香りはローズと言うよりはゼラニウムに近いような気がします。
すごく素敵な香りですけどね016.gif

そしてこのパルマローザの主な作用として、スキンケアにおいて効果が発揮される精油であるという事。
肌に潤いを与えるので乾燥肌の方にも良し、殺菌消毒効果があるのでニキビ肌やオイリー肌にも良し、皮膚の再生力に優れていると言われてるので、いわゆる年齢肌にも良いそうです003.gif
なんてオールマイティーな精油なんでしょう‼︎

私は、プレ化粧水を作って、乾燥が気になるこの季節のお風呂上がりに、真っ先にスプレーしてから、体を拭いて寝間着に着替えて、その後ゆっくりスキンケアに取り掛かります001.gif

以前ほど、お風呂上がりの顔の突っ張りが気にならなくなり、敏感肌からくる吹き出物が気にならなくなりました。

香りもすごく好きで(ブレンドすると他の香りをすごく引き立ててさらに良い香りにしてくれる気がします!)、アロマテラピー作用も素晴らしい、私には無くてはならない精油なのです001.gif

[PR]
by palmarosa5 | 2015-04-06 21:50 | アロマ